Sorry,we have no English pages.
 

本日の給食

8/7(金)
コッペパン,ぎゅうにゅう
いちごジャム,とりにくのバジル
やき,ミネストローネ
 
年間行事計画・下校時刻のお知らせ
【年間行事計画】
年間計画.pdf

【下校時刻】
6月分.pdf

7月分.pdf
8月分.pdf
 

メール配信 QRコード

 
【所在地】
古河市立
駒羽根小学校

〒306-0221
茨城県古河市駒羽根1364
TEL 0280-92-5477
FAX 0280-92-8385
E-mail  551506@sch.ibk.ed.jp
 


 

熱中症予防対策

「冷感タオルの配付について」(7/3市教委配付文書)
冷感タオルの配付について.pdf


学校生活における熱中症予防対策について(お願い)】
 (6/24配付文書)

学校生活における熱中症予防対策について(お願い).pdf

【参考資料】
熱中症予防行動.pdf  
熱中症予防×コロナ感染防止「新しい生活様式」を健康に!.pdf  

 

新型コロナウイルス感染症のための学校生活対応マニュアル

県教委・古河市・家庭教育学級
* 【駒羽根小】さいごの逃げ込み場
【駒羽根小】さいごの逃げ込み場.pdf

○【県教育長文書】「新型コロナウイルス感染症への対応について」※ご家庭でも感染症対策をよろしくお願いいたします。

家庭内でご注意していただきたいこと~8つのポイント~.pdf

* 古河市教育委員会生涯学習課から

   「こんなときこそ家庭教育学級」(you tube)
   (非認知的能力)

https://youtu.be/MyCRNyYVKnM

* 就学前教育・家庭教育推進室だより
すくすく育て いばらきっ子.pdf
* 古河市教育委員会総務課から
新しい生活様式(最新版).pdf
次亜塩素酸水pdf.pdf
* 防災・危機管理課から
 「新型コロナウイルス感染症を踏まえた避難のあり方」
新型コロナウイルス感染症を踏まえた避難のあり方.pdf
 

カウンタ

あなたは263546人目のお客様です。
終業式の話
(校長室から) 終業式の話 「新しい学校生活スタイル」

 今,4年生の木村さん,6年生の長谷川さんがとても素晴らしい発表をしてくれました。木村さんは読書170冊読破,6年生の長谷川さんは友達の大切さについて発表してくれました。

 今年度は,新型コロナウィルス感染症のために,6月から学校が始まり,3密防止のために毎日,マスクを付けて授業をしたり,前向き給食をしたりなど,いつもの学校生活とは違う形での新しい学校生活スタイルになりました。

 皆さんは,こんな窮屈な生活でも先生の話をよく聞いて,よく我慢して,きちんとした 学校生活を送ることができました。とても立派だったと思います。
 そんな中,5年生の宿泊学習や6年生の修学旅行が中止になってしまい,校長先生も申し訳ない気持ちでいっぱいです。そして,これからの運動会やふれあい祭りなどの学校行事も中止,あるいは,新しい形での実施になっていくでしょう。

 そんな中でも,自分でめあてや目標を決めて,精一杯に努力し楽しむことが 大切だと思います。それが「できる人」です。

 さて,明日から 9日間という短い夏休みに入ります。
 以前,校長先生は全学年に「ABCDの法則」の話をしました。覚えていますか?
 A:当たり前のことを
 B:ばかにしないで
 C:ちゃんとやる。それが
 D:「できる人」です。

 夏休み中も 夏休みが終わっても,「できる人」でいてください。
                                                                      
 最後に,休み中に注意しなければならないのは 何ですか?
 そうです。いろいろな事故です。
                         
 そして,「自分の命は,自分で守る。」行動をとってください。

 短い夏休みが終わったとき,皆さん一人一人が
ちょっとだけでも,「できる人」に 変身していることを 
楽しみにしています。

 これで校長先生のお話を 終わります。  駒羽根小学校長 長瀬 裕二
 
「つなげよう!君の心にzoom集会」
(校長室から)「つなげよう!君の心にzoom集会」 校長あいさつ

 どの学級も,学級目標や学級のよいところを堂々と発表してくれました。感動しました。素晴らしかったです。
また,「つなげよう!君の心にzoom集会」を企画してくれた集会委員会の皆さん,ありがとうございました。

 みんなの学級目標を みて 校長先生もこんな学校だったらいいなと 思う学校目標を考えました。「今日が楽しく 明日が待ち遠しい学校」です。

 しかし,もし みんなのクラスで いじめにあっている人がいたら,「今日が楽しく 明日が待ち遠しい学校」という,こんな気持ちにはなれません。
 そこで,今 全クラスでいじめをなくすための道徳の授業を行っています。みんな,いじめをなくすために,一生懸命に考えていました。
 
 今日は「いじめ」について 校長先生と考えてみましょう。

 まず,「いじめの内容」です。どんなことを「いじめ」といいますか?みんなで 読んでいきましょう。

 次に,「いじめの原因」です。どうして「いじめ」が起こると思いますか?
 

 最後に「あなたは,クラスでいじめをなくすためにどうしますか?」もう一度じっくりと考えて行動してください。

「駒羽根小は いじめを絶対に 許しません。」
                                                    
これでお話を終わります。 駒羽根小学校長 長瀬 裕二
 
個別面談について
 (校長室から) 個別面談について

 本日より,個別面談を行います。本年度は,授業参観もなく,大変ご迷惑をおかけしています。申し訳ありませんでした。初めて,担任の先生と話をする保護者の皆様もいることでしょう。担任の先生は,保護者の思いや悩み等を傾聴いたします。有意義な時間にしたいと思います。どうぞ,よろしくお願いいたします。
 個別面談の目的は,「①児童や家庭への理解を深め,学校生活や学習指導に生かしていく。②学校教育への理解を促すと共に,保護者との連携を深める。」ことです。
 面談の内容は,以下の通りです。
①学校や学級での児童の様子(生活・学習)
②家庭での児童の様子
③保護者への協力依頼
④保護者からの質問  等です。よろしくお願いいたします。
駒羽根小学校長 長瀬 裕二
 
当たり前のことが当たり前にできる人
(校長室から)当たり前のことが当たり前にできる人

 本日,全学年に生活習慣の規律と学習規律の確保のために「こまはねっこのきまり」について,担任の先生に再確認をお願いしました。その中で「当たり前のことを当たり前にできる人」について,[ABCDの法則」として全学年に話をしました。

【ABCDの法則】  
ABCDの法則.pdf
A:当たり前のことを
B:ばかにしないで
C:ちゃんとやる。それが
D:「できる人」です。
 駒羽根小の子供たちに,「できる人」になってほしいと思います。[ABCDの法則」が子供たちの心に伝わることを期待しています。 駒羽根小学校長 長瀬裕二

【3年生】

【4年生】

【5年生】

【6年生】


 
いじめ防止対策について
(校長室から) いじめ防止対策について

 いじめについては,「どの子どもにも,どの学校においても起こり得る」重大な問題です。本校の「いじめ防止基本方針」にもありますように,本年度も以下のように「いじめアンケート」,「全児童の教育相談」を実施し,いじめの早期発見に努めていきます。また,ご家庭でも,子供からの訴えや子供の様子で気になることがありましたら,直ぐに学校へご連絡ください。そして,急を要する案件は,保護者にご連絡して,ご協力をいただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
1 アンケートの実施 7月13日(月)
2 アンケートの内容 いじめについてのアンケート.pdf
3 教育相談週間   7月13日(月)~17日(金)
4 その他       ・アンケートの内容にかかわらず,全児童と教育相談を実施する。 
             ・急を要する案件は,早急に校長・教頭・生徒指導主事に報告する。そして,ケース会議を実施する。

【参考資料】文部科学省では,特に,以下の点を踏まえ,適切に対応する必要があることとされています。

1.「弱いものをいじめることは人間として絶対に許されない」との強い認識を持つこと。
  どのような社会にあっても,いじめは許されない,いじめる側が悪いという明快な一事を毅然とした態度で行きわたらせる必要がある。いじめは子どもの成長にとって必要な場合もあるという考えは認められない。また,いじめをはやし立てたり,傍観したりする行為もいじめる行為と同様に許されない。

2.いじめられている子どもの立場に立った親身の指導を行うこと。
  子どもの悩みを親身になって受け止め,子どもの発する危険信号をあらゆる機会を捉えて鋭敏に感知するよう努める。自分のクラスや学校に深刻ないじめ事件が発生し得るという危機意識を持つ。なお,いじめの件数が少ないことのみをもって問題なしとすることは早計である。

3.いじめは家庭教育の在り方に大きな関わりを有していること。
  いじめの問題の解決のために家庭が極めて重要な役割を担う。いじめの問題の基本的な考え方は,まず家庭が責任を持って徹底する必要がある。家庭の深い愛情や精神的な支え,信頼に基づく厳しさ,親子の会話や触れ合いの確保が重要である。

4.いじめの問題は,教師の児童生徒観や指導の在り方が問われる問題であること。
  個性や差異を尊重する態度やその基礎となる価値観を育てる指導を推進する。道徳教育,心の教育を通してかけがえのない生命,生きることの素晴らしさや喜びなどについて指導することが必要である。

5.家庭・学校・地域社会など全ての関係者がそれぞれの役割を果たし,一体となって真剣に取り組むことが必要であること。
  いじめの解決に向けて関係者の全てがそれぞれの立場からその責務を果たす必要がある。地域を挙げた取組も急務である。


 
1学期学級委員認証
(校長室から)学級委員認証

【放送による全校集会 校長の話】
 今 14名の学級委員の名前が発表されました。どうぞ,よろしくお願いします。
 校長先生は,学級委員を中心に担任の先生や友達と協力して,いじめのない,明るく楽しいクラスをつくってほしいと思います。
 皆さん,教室の前に学級目標が掲示してあると思います。それをみんなで読んでみましょう。
 ここで,校長先生から質問です。
「今 学校で友達と遊んだり,勉強したりすることが楽しい人は手を上げてください。」
 校長先生は クラス全員の人が
「今日が楽しく 明日が待ち遠しいクラス」をつくってほしいと思います。お話を終わります。

 その後,校長室で14名全員に学級委員認証書を手渡しました。素晴らしいことに廊下で待っている児童が拍手をしてくれていました。そして,私が「よろしくお願いいたします。」と言って認証書を手渡すと,子供たちは「ハイ。」「ありがとうございます。」「頑張ります。」と様々な返事が返ってきました。廊下で「どの返事がかっこいいかな?」と聞いてみると,全員「頑張ります。」と答えていました。さすが,駒羽根小のリーダー達だと感心しました。最後に,全員で「頑張ります。」と力強くあいさつして教室に戻っていきました。その後ろ姿に,頼もしさを感じました。立派な学級委員達です。よろしくお願いします。             
駒羽根小学校長 長瀬 裕二

 
「会釈」
(校長室から) 「会釈について考える。」

 毎朝,子供たちの立哨指導をしていて感じたことがあります。昨年度と違って,新型コロナウィルス感染症拡大防止のために,マスクを着用して登校しているために,昨年度のような大きな声でのあいさつができません。これは,仕方がないことです。
 そこで,私は,最近「会釈」というものについて、真剣に考えています。
 そんな折,今朝の立哨指導中に何人かの高学年の児童が私の目を見て,軽く頭を下げ会釈して通り過ぎる姿を見ました。そんな姿を見て,私はとてもうれしく思いました。子供たちは,確実にしっかりと自分で考え,成長していることに感動しました。
 辞典では,会釈は,「軽くあいさつや礼を交わすこと。また,そのあいさつや例を示す動作。」「相手に心配りをすること。思いやり。」等と書かれています。諸外国では,Hi やYo などの言葉とともに体を大きく反らすオーバーアクションな姿で表すこともある。」と書かれています。
 学校や近所ですれ違ったときに,子供たちが地域の人に,軽く会釈しあって通り過ぎる・・・。そんな姿の駒羽根小学校の子供たちに育てていきたいと考えています。
駒羽根小学校長 長瀬 裕二
 
雨の日
(校長室より)雨の日

 今日は雨の日です。
 「雨の日はいやだな。」「雨の日はおもしろい。」皆さんはどちらですか?
 学校の花壇のサルビアやマリーゴールド,バケツいねは,雨の日に生き生きしているように見えました。また,童謡詩人の金子みすゞさんは,次のような詩をつくっています。

お日さん、雨さん   
   金子 みすゞ

ほこりのついた 
芝草を 
雨さん洗って 
くれました。

洗ってぬれた 芝草を
お日さんほして
くれました。

こうして私が
ねころんで
空をみるのに
よいように。

 
かわいいお客さん&本当の優しさ

 
校長室より(かわいいお客さん&本当の優しさ)

 今朝,立哨指導を終えて学校に戻ると,職員玄関の所で,一人の男の子が私の所に大声で駆け寄ってきました。
「校長先生,すずめのヒナです!」
「どうしたらいいですか?」

 私は,そのヒナをよく見てみました。
  ①体の大きさは親鳥と同じか,一回り小さい。
  ②羽は生えそろっているが、頭などに産毛が残っている。
  ③口のまわりが白色又は黄色。
「もしかしたら,このすずめは,巣立ちしたばかりのヒナ(巣立ちヒナ)かもしれないよ。」
「今,親から飛ぶ練習やえさの採り方の練習を教えてもらっているんだよ。」
「だから,そっとしておきましょう。親が近くで見ていて,迎えに来るから大丈夫だよ。」とその男の子に話をしました。

 男の子は,「そうなんだ。頑張れ!」と言って,児童昇降口の方へ走っていきました。
 とても,心の優しい男の子だと感心しました。そして,このような男の子が駒羽根小にいることに誇りをもちました。
 その後,ヒナは飛んでいきました。頑張れ!
  駒羽根小学校長 長瀬 裕二


(ネットからの参考資料)
 春から夏にかけて,野鳥は繁殖シーズンを迎えます。
 この時期,人が地面にいる羽が生えたヒナを見つけて,巣から落ちて迷子になっているか弱っていると思い,保護するケースがよく見られます。
  しかし、そのヒナは迷子になったり、弱っているのではありません。巣立ちしたばかりのヒナ(=巣立ちビナ)は,しばらく親鳥と一緒に暮らし,エサの取り方や飛び方などを学びながら成長していきます。
 巣立ちビナは、上手く飛べずに地面に降りて休憩したり、親鳥が運んでくるエサを地面で待っていることがあります。巣立ちビナを保護することは、親子を引き離すことになってしまいます。手を出さないで、そっとしておいてくださるようお願いします。

 
PTA役員新旧引き継ぎ式の話

校長室より(PTA新旧役員引き継ぎ式あいさつ)

PTA新旧役員の皆様

 本日は,3回変更して やっと開催できたPTA新旧役員引き継ぎ式にご参加いただきまして,ありがとうございます。

 現在,子供たちは,分散登校中ですが,今年度は,未曾有の新型コロナウィルスのため,学校行事等が大きく変わってしまいました。本当に申し訳ありませんでした。

 今後のことについて少しお話しさせてください。

 中止の行事は,6年生の陸上記録会・全国学力テスト,水泳学習,1学期の授業参観,PTA研修視察,市内音楽会等があります。

 また,学習の授業時間確保のため,夏休みが8/8(土)~8/16までの9日間に短縮される予定です。

 そして,今後,例年通りには実施できない行事としては,運動会,ふれあい祭りなどが考えられます。

 しかし,私個人的には 遠足・宿泊学習・修学旅行は,ぜひ実施したいと考えています。特に,小学校最後の6年生の修学旅行に関しては,4月に,PTA会長,学年委員さんと相談の上,9月から11月に延期させていただきました。

 このような状態で,私がとても心配していることは,4つあります。
 ①校内での 新型コロナウィルス感染症拡大(クラスター発生) 
 ②夏休み 授業の熱中症対策
 ③コロナウィルスに関する「コロナいじめ」の防止
 ④子供たちのメンタルヘルス対策

 この防止のために,駒羽根小学校全職員で全力で努力して参ります。
 今後も,保護者の皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

 本日はPTA新旧役員引き継ぎ式をどうぞよろしくお願いいたします。    駒羽根小学校長 長瀬 裕二

 
子供たちのメンタルヘルス対応

校長室より

駒羽根小学校の保護者の皆様

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止による,全校休業が明け,分散登校ですが学校が再開しました。
 子供たちは,臨時休業が長期にわたり継続されてきた不安に加え,学校再開における新たな環境の変化などにより,多大なストレスが加わるため,メンタルヘルス対策が必要です。
 そこで,本校では,6月8日(月)に全児童にメンタルヘルスに関するアンケートをとります。その内容によって個別面談を行ったり,保護者の皆様と連携を図りながら,学校再開後の子供へのメンタルヘルス対応を行っていきます。その際は,ご協力をお願いいたします。

1 子供たちのストレスに伴う,以下のような心理的な反応に十分に気を付けます。
 ・甘えたくなる  ・心配になる  ・元気が出ない  ・悲しくなる
 ・おねしょをしてしまう  ・いらいらする  ・怒りっぽくなる
 ・喧嘩が増える
  子供たちは,大人から愛情と目を向けられることを必要とします。今まで 以上に時間をかけ,接していきます。子供の訴えを聞いて,やさしく話しかけ,安心させていきます。多くの場合,このような心理的な反応は,時間とともに改善しますが,睡眠や食欲の問題が長期間続く,行動上の問題が顕著であるなどのような場合には,スクールカウンセラーなどに相談していきます。特に,発達障害などの特性がある子供たちは,急な状況の変化に適切に対応できない場合が多くあります。本人の理解力に応じて説明は時間をかけてわかりやすく行います。時には,表やイラストなどの視覚的な説明方法も 取り入れます。また,できるだけ安心できるように,先の見通しがもてるよ うにします。また,自分のペースで静かに過ごせる場所や時間を作ります。

2 子供たちが,よい体調を維持できるように努めます。
  子供たちは,周りの大人の反応を見て状況を判断します。周りの大人が 落ち着かないと子供たちも落ち着きませんが,周りの大人が落ち着いていれば,子供は安心し,落ち着くことができます。そのためにも,「早寝・早起き・朝ご飯」が大切です。規則正しい生活を心がけ,睡眠を十分にとり,食事も三食バランスよく食べ,可能であれば,「3つの密」にならないよう気をつけながら,外での運動をさせるなどを心がけます。
 学校再開後も,コンピューターゲームや動画の視聴の時間を増やさず,学校でどのようなことがあったかなど,家族と話をする時間を作ってください。また,カードゲーム,折り紙や工作などをして過ごす時間も効果的です。そして,できるだけ保護者の皆様や家族がそばにいるようにご協力をお願いいたします。

 保護者の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
             駒羽根小学校長 長瀬 裕二

 
仲間を大切にする心
校長室から


駒羽根小学校の児童・保護者の皆様

 新型コロナウイルスの感染が広がっており,不自由な生活が続いています。そのような中でも,私たちの生活が,多くの人々の努力によって支えられていることを忘れてはいけません。感染症の広がりの予防や病気の治療をしてくださる医療関係者の方,マスクや薬を作ったり販売したりしてくださる方,生活に必要なものを届けてくださるトラックドライバーさん,バスや電車の運転手さんなど…。感染の危険が高まる中,予防を徹底しながら,一生懸命働いてくれています。そして,その家族の皆さんも,働く人を支えながら共にたたかっているのです。日本中のみんなが大変なときだからこそ,社会を支えてくださっているすべての方々に「ありがとう」の気持ちを伝えたいですね。駒羽根小学生の皆さんならどんなことができるでしょうか。

 学校では,仲間を大切にする学習を通して,いじめや差別を許さず,その解決に向けて行動することのすばらしさを学んできました。

 しかし,もしかすると,うわさや不確かな情報に流され,SNS 等に心無い言葉を書き込んだり,デマや誤った情報を回したりしている人がいるかもしれません。それは,人を傷付け,生活を奪い,生きる希望を失わせることにつながります。いじめや不当な差別,嫌がらせといった行為を,駒羽根小学校では,絶対に許しません。自分の周りで絶対に起こさせないという強い気持ちで立ち向かっていきましょう。

 もし,あなたの心が傷付いたり,あなたのそばにいる人がいじめられたりしたときは,決してひとりで悩まず,すぐに家族や友達,学校の先生など,信頼できる人に相談しましょう。
             駒羽根小学校長  長瀬 裕二
 
がんばれ!こまはねっ子
校長室から

駒羽根小学校の児童の皆様

 「おはようございます。」「こんにちは」「さようなら」
 いつもなら,このような元気で明るい挨拶の声が、学校中に響き渡っていますが、今の学校は,とても静かです。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、学校はまだ休みが続いています。駒羽根小学校の児童の皆さん,元気に毎日を過ごしていますか。

 友達に会えない,先生に会えない,授業が受けられない、給食が食べられない,運動場で遊べない,…。これまで当たり前だったことができないのはとても辛いことです。でも,このようなピンチの時こそ「こまはねっ子」のパワーは試されます。今こそ,「つらいなあ,楽しくないなあ,いやだなあ…。」というマイナス言葉を,「負けないぞ,だいじょうぶだ,しっかりしよう!」というプラス言葉に変身させましょう。先生たちも、みなさんと会える日を楽しみにしながら,辛いのをがまんしてお仕事をがんばっています。どの先生も「いやだなあ,悲しいなあ…」なんておっしゃっていません。力あふれる言葉で自分を励ましているのです。

 新型コロナウイルス感染症はまだ広がりを見せていますが,出口のないトンネルがないように,必ず終息します。今はまだ,いろいろと不自由だったり不安だったりするかもしれませんが,また皆さんと早く再会できることを強く願っていますし,心待ちにしています。それまでは,できる学習をすることもですが,「早寝・早起き・朝ご飯」と言われるように十分な睡眠と栄養に気をつけて,体調をくずさないようにしてください。また元気で明るい挨拶とともに,会える日を楽しみにしています。


 そして、学校が始まる日、みなさんと先生方のエネルギーが学校からあふれ出ることを夢見ています。「夜明けの来ない夜はない!」と自分に言い聞かせて校長先生も進んでいきます。     駒羽根小学校長 長瀬 裕二

 
お知らせ
校長室から


駒羽根小学校の保護者の皆様へ

 新型コロナウィルス感染症予防対策による臨時休業日が長期化する中,子供たちのメンタルヘルス及び防犯が心配されます。そこで,次の2点についてお願いがあります。
1 臨時休業日などで不安を感じている子供の気持ちに寄り添ってあげてほしいと思います。時には,親子で散歩や親子でスポーツなど気分転換に屋外で体を動かしてみてください。その中で,子供の今の心境や思いを聞いてあげてください。心配なことがありましたら,直ぐに学校へ連絡してください。

2 臨時休業日が続く中,その子供が犯罪者や不審者に巻き込まれるトラブルが増えているそうです。子供が在宅中は,「鍵をかける。」「宅配業者などが訪ねてきても対応しない。」「緊急連絡先を紙に書いて張っておく。」など家庭でのルール(約束ごと)を決めてください。

 お願いばかりで申し訳ありませんが,ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。     駒羽根小学校 長瀬 裕二




 
1年生へのメッセージ
校長室から
1年生へのメッセージ
(入学式で伝えられなかった式辞)


学校長式辞

  まず 初めに 新型コロナウィルス感染症予防対策のため 縮小した入学式になってしまったこと、 深く お詫び 申し上げます。
 さて 三十五名の一年生の皆さん、駒羽根小学校への入学 おめでとうございます。
 きらきら輝く皆さんの入学を、私たち駒羽根小学校の先生や、お兄さんお姉さん達は、みんな楽しみに待っていました。
 
 また、保護者の皆様、お子様のご入学、
おめでとうございます。
 子供たちが健やかに成長できますように 我々職員一同、力を合わせて全力で 指導に当たってまいります。
 「子供は家庭で愛され、学校で学び、地域で育つ」と言われます。すべては 一人一人の子供のために学校と家庭、そして地域が 共に手を取り合って、子供たちの成長を見守って いけたらと 願っております。皆様のご協力 ご支援をどうぞ よろしくお願いいたします。
 
 さあ、一年生の皆さん、ここで 校長先生から二つのお願いがあります。
 皆さんは、「アンパンマン」を知っていますか。アンパンマンは、困っている人がいるとすぐに助けてくれます。校長先生のお願いの一つ目は、アンパンマンのように友達に優しくしてください。いじめられている人がいたら、助けてあげたり、先生に教えたりしてください。
 二つ目のお願いです。皆さんは、「ドラえもん」を知っていますか。のび太君やジャイアン・スネ夫君 達は、よくけんかもするけれど、「ドラえもん」の映画のように、大事なときはみんなで力を合わせて、頑張ることができます。皆さんも、友達と協力して、みんなで仲良く生活してください。これが二つ目のお願いです。
 
 結びに、これから始まる小学校生活が、子供たちの笑顔あふれる毎日になりますよう、ご祈念申し上げまして 式辞といたします。
 
令和二年 四月 七日
          古河市立駒羽根小学校長  長瀬 裕二 
 
本校の教職員の定期人事異動について
 教職員定期人事異動について(お知らせ)
 離任式がないため,令和元年度末・令和2年度始の本校教職員の定期人事異動についてお知らせします。転出される先生方,大変お世話になりました。
ありがとうございました。離任式ができずに,申し訳ありません。また,転入される先生方,どうぞよろしくお願いいたします。
 
駒羽根小学校 桜満開
 駒羽根小学校の桜がほぼ満開になりました。また,花壇のチューリップも咲き始めました。春の訪れを感じました。
 春といえば,別れの季節でもあります。今年度も駒羽根小学校から他校に異動する先生方がいます。残念なことに「離任式」はありません。異動する先生方は,今日で子供たちとお別れになるかと思うと,残念でなりません。児童の皆さん,保護者の皆さん,誠に申し訳ありません。





 
令和元年度 第45回卒業式 学校長式辞
令和元年度 第45回卒業式 学校長式辞
  柔らかな 春の日差しを浴びて、そこ かしこに 春の息吹を感じる今日のよき日に、令和元年度 第四十五回 卒業式が 挙行できます こと、心より感謝申し上げます。

 しかしながら 新型コロナウィルス感染症予防対策のため 縮小した卒業式になってしまったこと、多大なご迷惑をおかけしましたこと 深く お詫び 申し上げます。

  さて 五十八名の卒業生の皆さん、ご卒業 おめでとうございます。

 卒業生の皆さんに、ただいま 令和最初の 卒業証書をお渡し しました。これは、皆さんが駒羽根小学校で六年間、多くのことを学び、一生懸命取り組んだ証であり、皆さんが中学校へ進学してからも、迷ったとき、辛いとき、皆さんの 心の支えとなり、誇りとなるものです。

 校歌の「学ぶ 鍛える 伸びあがる」の一節のように、心も体も 大きく立派に成長した皆さん。今、堂々と式に臨む姿に、心から感動しています。

 卒業生の皆さんは、学校行事や集会活動で、駒羽根小のリーダーとして立派にその役割を果たしました。日々の通学班での登下校や委員会活動、様々な学校行事で 下級生の良きお手本となって活動する姿は、実に頼もしかったです。

 今日は、駒羽根小学校を 巣立つ皆さんへ、大切にしてほしいメッセージをはなむけの言葉 として、送ります。
    日本理化学工業の、大山泰(やす)弘(ひろ)氏によれば、お坊さんであった 父から、
人には「究極の四つの幸せ」があると教えられたそうです。
    
    一つ目に 人に 愛されること
    二つ目に 人から ほめられること
    三つ目に 人の 役にたつこと
    四つ目に 人から 必要とされること

    一つ目については、皆さんは、
たくさんの人たちから、無償の 愛を受けて
これまで 成長してきました。
    しかし、それ以外の三つは、集団生活の中で、人と関わる場から、自分の努力で、得なければなりません。
    「人は皆、幸せになりたい」と誰もが 願っています。

    その幸せをつかむためにも、忘れてほしくないことは、最後まであきらめずに「挑戦」し続ける 心をもつことです。
    どんな辞書にも「成功」の反対語は「失敗」とありますが、これからみなさんが歩んでいく 人生において「成功」の反対の意味は、「失敗」ではありません。

    それは「挑戦しないこと」です。若い皆さんは、失敗を恐れず人と深く関わり、希望をもって、挑戦し続けてほしいのです。

    時には、挑戦しようと努力をしても、思い通りに行かないこともあるでしょう。

 しかし、挑戦しないことには、絶対に「成功」を 収めることはできません。
    日頃から失敗を恐れず チャレンジ精神をもって、これからの人生を歩んで、自分の幸せを つかんでほしいと 心から願っています。

 さて、保護者の皆様、お子様のご卒業、誠に おめでとうございます。これまでの六年間、多くの喜びとともに、語り尽くせぬご心配・ご苦労もあったことと 思います。
 無事、義務教育の第一段階を成し遂げられたことに改めて、お祝い申し上げます。
これからも お子様を 温かく見守りながら、子供たちの「自立」を支援して くださいますよう お願い申し上げます。

 これからも、駒羽根小学校 職員一同、巣立っていく、五十八名のお子様の、活躍と成長を応援し、見守っていきます。

 最後になりましたが、 卒業生の皆さんの 健やかな成長と幸多き 人生であることを心から お祈りして、式辞 といたします。
令和二年三月十九日

                          古河市立駒羽根小学校長 長瀬 裕二

 
卒業式予行
 「卒業生優先の卒業式にしよう!」

13日(金)に卒業式予行を行いました。先生方が率先して,卒業生役を行ってくれました。卒業式当日同様のその真剣な姿に感動をしました。ありがとうございました。
 職員反省会の時に,全職員で「卒業生優先の卒業式にしよう!」と決めました。体調不良や戸惑いがあったら,すぐにその児童対応に当たることとしました。そして,練習不足の子供たちを温かく見守ろうと思います。保護者の皆様のご理解,ご協力をお願いいたします。
 
駒羽根小の強み
これが駒羽根小の強みです。
児童の皆さん,先生方ありがとうございます。
 
6年生との交流給食
卒業前に6年生全員と校長室で交流給食を行っています。


みんな楽しんでいます。
 
3学期の始めに
令和元年度 3学期 始業式の話
                                                          令和2年1月8日

 皆さん 明けましておめでとうございます。
 皆さんの元気な姿が見られて嬉しいです。2020年 令和2年が始まりました。今年は,東京オリンピック・パラリンピックが7月に開催される年です。世界中のアスリートが日本に集まります。とても楽しみな年ですね。
 さて,3学期が始まりました。
 3学期は1年間のまとめですが,4月からの新しい学年のスタートのための準備をするときでもあります。
 「終わりよければ すべてよし」
 つまり,3学期をしっかりしめくくると,4月から新しい学年でよいスタートが切れます。そのために,3学期はとても大切なんです。
 そこで皆さんに頑張ってほしいことを 校長先生が好きな詩人「まど みちお さん」の「ぼくは何を」という詩を読んで終わりにします。


 ぼくは何を
                                                              まど・みちお

ぼくは 何を もっているのだ

優しさなら お母さんが もっている
勇気なら お父さんが もっている

素直さなら 犬のポチが
賢さなら 先生が もっている

がまん強さなら 冬のムギが
勤勉さなら 夏のアリが
そして 美しさなら 道ばたの 一本のタンポポがもっている

で ぼくは 何をもっているのだ

いつも 後で しまったと思う おっちょこちょいと
誰にも負けない いたずら心の他に

笑うなかれ 希望だ・・・

優しくて 勇気があって 素直で 賢くて がまん強くて
勤勉な 美しい心に

ぼくを 少しでも 近づけたいと思う


 3学期も皆さんのたくさんの笑顔が見られることを期待しています。これでお話を終わります。
 
2学期の終わりに
令和元年度 2学期 終業式の話
                                                    令和元年12月24日

おはようございます。
 さて,終業式に当たり,2つのお話をします。1つ目は,あいさつ名人の紹介,2つ目は,みんなの2学期の頑張りについてです。
 1つ目は,あいさつ名人を紹介します。
「あいさつ名人」とは,「相手の目を見て 笑顔で 大きな声で」あいさつできる人ですよ。それでは,名前を呼ばれたら,大きな声で返事をして,その場に立ってください。
 2つ目は,2学期が始まるときに,校長先生は「さらに」という言葉を使いました。
「さらに 考える子」 
「さらに 思いやりのある子」 
「さらに たくましい子」 になろうというお話をしました。
 皆さんはこの2学期もいろいろな場面でたくさん頑張りました。毎日の授業,委員会や係などの活動,清掃,そしてふれあい祭りや持久走大会などで,皆さんのたくさんの笑顔や真剣な表情が見られました。その中で,「頑張った」「できた」「やったあ」という言葉もたくさん聞くことができました。先生たちが願ったとおりの皆さんに成長している様子をとてもうれしく思います。

 今回も 4名の素晴らしい人の道徳の「通知表」を紹介しましょう。
①「思いやりの心について,道徳の時間に考えました。自分や友達の考えから優しく接することで,相手だけでなく自分も気持ちよくなることに気付きました。そして,これからの生活に生かそうとする気持ちを持つことができました。」 
②「道徳の時間に,自分は,日頃何気なく接している人たちに支えられて,自分たちの生活が成り立っていることに気付くことができました。ノートに「何かしてもらったら(ありがとう)と言いたい。」という感想を書きました。人々への感謝の気持ちを言葉に表そうとする意識を高めることができました。」    
③「働くことの意義について,道徳の時間に考えました。(面倒くさい)(自分がやらなくても)という弱い気持ちが芽生える主人公に共感しながらも,率先して働くことが他の人の働きや全体のよい雰囲気につながっていくことに気付きました。」 
④「きまりを守ることの大切さについて道徳の時間に考えました。ルール違反を見付けたときに,どんな言葉をかけるかを考える活動を通して,「ルールはみんなが安心・安全に生活するために必要なこと」とノートにまとめることができました。  

 皆さんは 駒羽根小で目指している
「さらに 考える子」
「さらに 思いやりのある子」
「さらに たくましい子」に
少しずつ近づいているなあとうれしく思いました。以上,2つお話ししました。
 それでは,「クリスマス」「お正月」と楽しんで,また3学期に元気に会いましょう。
 さあ,いよいよ2020年です。皆さん よいお年を お迎えください。
 
11月に寄せて
 朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりました。学校では,欠席児童や体調を崩す児童が増えてきており,日々健康管理を呼びかけているところです。
  さて,10月26日(土)の「ふれあい祭り」では,保護者の皆様,地域の皆様にはたいへんお世話になり,本当にありがとうございました。おかげさまで,当日はステージで堂々と発表したり,クラス企画でお客様を楽しませようと工夫したりと,児童一人一人の生き生きとした活躍とたくさんの笑顔を見ることができました。また,子供たちは,ふれあい祭りの3つのテーマ「規律(守る)・責任(きちんと)・協力(仲よく)」を達成することができました。また一歩成長した子供たちを誇りに思います。
  また,毎朝,学年ごとのあいさつ運動や高学年による落ち葉掃きボランティアが行われています。これからも子供たちの自主性を生かした明るい学校づくり取り組んでいきます。
 大きな行事も終わり,11月は落ち着いて学習に取り組んでいきたいと思います。そのためには,今一度「基本的生活習慣を見直す」ことを大切にしたいと考えます。学校での生活指導にも力を入れていきます。ぜひご家庭でも「早寝・早起き・朝ごはん」を基本とした生活習慣の確立にご協力ください。そして元気よく学校に送り出していただければと思います。
                                                      校長 長瀬 裕二
ボランティア活動
 
ふれあい祭り 校長巻頭言
ふれあい祭りの話

  いつもの 元気なあいさつを しましょう。
「おはようございます。」

 さあ 皆さんが 楽しみにしている「ふれあい祭り」が始まります。

 今日は,日頃みんなが,大変お世話になっている岩元区長さんをはじめ,老人会の皆様,地域の皆さんが来ています。
「日頃より パトロールや除草作業などお世話になり ありがとうございます。」

 そして,今日のふれあい祭りができるのは,成田会長をはじめとするPTA本部役員の皆様,ふれあい祭り実行委員の皆様のいろいろな準備のおかげです。ここに 感謝申し上げます。
「本当に ありがとうございます。」
 今日は 芸術鑑賞や学年発表・有志発表・模擬店・体験コーナー・バザーなど たくさんのイベントがあります。すべて 楽しみですね。

 そこで 274名全員が楽しむために みんなで
 「ふれあい祭りの3つのめあて」を決めました。
担任の先生から詳しいことは聞いていると思います。覚えてきましたか? 
1~3年生  「守る・きちんと・仲よく」
4~6年生  「規律・責任・協力」
 この3つの目標を全員が達成できれば 全員楽しむことができます。実は この3つの目標は 6年生の修学旅行の目標です。6年生は 全員達成し 修学旅行は 大成功でした。今日は 全校児童で ふれあい祭りを 大成功させましょう。
 
第2学期始業式 式辞
第2学期始業式 式辞
 皆さん おはようございます。
 1年生,3年生,5年生の2学期の抱負の発表,とても素晴らしかったです。
 さて,44日間の夏休みが終わりました。楽しかったですか。
 皆さんが,先生やおうちの方との約束をしっかり守って生活したので,大きな事故や事件もなく,今日,皆さんの元気な姿を見ることができ,とてもうれしく思います。
 さて,今日から2学期です。
 1学期の終業式で,「通知票に,みんなの素晴らしい所がたくさん書いてありますよ。」と言いました。読んでわかりましたか。
 その自分のよいところを「さらに」「さらに,ですよ。」伸ばすために,2学期の新しいめあてを決めて,チャレンジしていきましょう。
 そのために 駒羽根小の「目指す児童像」の3つをお話しします。
 まず「さらに 考える子」になりましょう。
 1時間1時間の授業を大切にしましょう。特に,わからないところや間違えたところについて,もう一度考えたり,質問したり,話し合ったりして,「あっ、分かった」や「なるほど」という言葉が出るといいですね。分からないことや間違えたところをできるようにするのが勉強です。
 2つ目です。「さらに 思いやりのある子」になりましょう。
 2学期は,遠足・宿泊学習・修学旅行やふれあい祭りなど,行事もたくさんあります。お友達と仲良く協力し合えば,学校がもっともっと楽しくなります。
 また,駒羽根小学校ではいじめは絶対に許しません。
 友達に暴力をふるったり,嫌な言葉を言ったりすることは許しません。嫌な思いをする児童が0になることを目指します。
 3つ目です。「さらに たくましい子」になりましょう。
 1学期の欠席0の日は,5日でした。
2学期も,全員元気に登校して欠席0を目指していきましょう。そのためには,「早寝・早起き・朝ごはん」を守ったり,外で元気に遊んだり,うがいや手洗いをきちんとしたりすることが大切です。交通事故や不審者などにも,十分気を付けてください。
 「さらに 考える子」「さらに 思いやりのある子」「さらに たくましい子」を目指して,さらに「あいさつ いっぱい・元気いっぱい・笑顔いっぱい」の駒羽根小学校にしていきましょう。2学期のみんなの活躍を 楽しみにしています。
 
入学式 式辞
式 辞

 「はい,一年生の皆さん,背中をピンとしましょう。」
皆さんの元気な挨拶を聞かせてください。
「おはようございます。」
とても元気のある挨拶でした。立派です。

 33名の1年生の皆さん,駒羽根小学校への入学おめでとうございます。
きらきら輝く皆さんの入学を,私たち駒羽根小学校の先生や,後ろにいるお兄さんお姉さんたちは,みんな楽しみに待っていました。
 ここで,入学式にお出でいただいたお客様や保護者の皆様に校長先生がご挨拶しますので,一年生の皆さんは,静かに待っていてください。
 本日は,古河市長代理 
総務部 参事兼総務課長 田中 秀明 様,
古河 市議会 議員 秋山 政明 様 を始め,
たくさんのご来賓の皆様方のご臨席を賜り,入学式が盛大に挙行できますことを,心より感謝申し上げます。
  また,保護者の皆様,お子様のご入学,おめでとうございます。子供たちが健やかに成長できますように 我々職員一同,力を合わせて全力で指導に当たってまいります。
 「子供は家庭で愛され,学校で学び,地域で育つ」と言われます。全ては一人一人の子供たちのために,学校と家庭,そして地域が共に手を取り合って,子供たちの成長を見守って いけたらと願っております。皆様のご協力 ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
  さあ,一年生の皆さん,ここで校長先生から2つのお願いがあります。
 皆さんは,「アンパンマン」を知っていますか。アンパンマンは,困っている人がいるとすぐに助けてくれます。校長先生のお願いの1つ目は,アンパンマンのように友達に優しくしてください。いじめられている人がいたら,助けてあげたり,先生に教えたりしてください。
 2つ目のお願いです。皆さんは,「ドラえもん」を知っていますか。のび太君やジャイアン・スネ夫君たちは,よくけんかもするけれど,「ドラえもん」の映画のように,大事なときはみんなで力を合わせて,頑張ることができます。皆さんも,友達と協力して,みんなで仲良く生活してください。これが2つ目のお願いです。
 最後に「ドラえもん」の映画のキャッチ・コピーが校長先生は,大好きなので紹介します。
「信じる力が僕らをつなぐ。」
「ぼくは,想像力を信じる。」
「わたしは,未来を信じる。」
「おれは,友情を信じる。」
「ぼくは,愛を信じる。」
「ぼくは,みんなを信じてる。」 
  結びに,これから始まる小学校生活が,子供たちの笑顔あふれる毎日になりますよう,ご祈念申し上げまして式辞といたします。

平成31年4月9日
 古河市立駒羽根小学校長  長瀬 裕二
 

グランドデザイン

平成31年度(令和元年度)の駒羽根小学校グランドデザインです。
こちらのリンクをクリックすると,グランドデザインがご覧いただけます。
今年度も,駒羽根小学校をよろしくお願いします。